SEOライティングを外部に依頼するメリットとは?

SEO

オウンドメディアを所有する企業が年々増加し、営業戦略もアウトバウンドマーケティングからインバウンドマーケティングへの移行が進むにつれ、記事制作の需要も増えてきています。

とりわけ社内ライターがいない場合には、ライティングを外注する必要があります。
こちらではライティングを企業に依頼すべきか、フリーランスに依頼すべきかを比較検討し、検索エンジンに最適なSEOライティングができるライターに記事制作を依頼する場合のメリットや注意点などを解説いたします。

SEOライティングを外部に依頼するメリット

検索エンジン上位表示を達成するための「SEOライティング」。通常に記事を書くだけではその効果は得られず、SEOに関する知識や関連するノウハウを身につける必要があります。

外部に記事制作を依頼するメリットとして挙げられることは、SEOに関する知識や関連するノウハウを有するライターへ依頼できることです。具体的には以下のようなメリットが得られます。

品質の高いライティングが期待できる

巧拙(上手と下手)の差はあるもののフリーライターにライティングを依頼する場合も、記事制作代行会社にライティングを依頼する場合もそれなりの品質は期待できると言えます。

フリーライターの場合はSEO対策に特化したライティングを得意としていたり、専門性が高いライティングができたりすることを売りにしている人も多く、企業に依頼するより品質の高い記事を制作してくれる場合もあります。

また記事制作代行会社の場合は企業が独自に行うライティングテストに合格した選りすぐりの外注ライターを起用している場合が多く、こちらも品質の高い記事を提供してくれる可能性は高いと言えます。

ニッチかつ専門性の高い分野におけるSEOライティング記事が制作できる

投資やビジネス、マーケティングなど、ニッチかつ専門性の高い分野の記事をライティングできるライターはそうそう見つかるものではありません。加えてSEOライティングを加味できるライターともなれば更に限定されます。

しかしフリーライターや記事制作代行会社に登録している外注ライターは、このような能力を身に付けている人は以外に多いのです。

こういった優れたライターと自社案件をマッチングさせることにより、非常に高品質な記事に仕上げられるのも外注に依頼するメリットのひとつです。

SEOライティングは外部に依頼するほうが人材を確保するより効率がよい

SEOの知識がありながら専門性の高いライティングができる人材を簡単には確保できません。まして自社で扱う案件の方向性にマッチしたライターともなればなおさらです。
ですが扱う案件が違うものになれば、確保したライターが対応できなくなる可能性もあります。

その点外部に依頼すれば、記事が必要な時に必要な分だけ発注すればよいだけですので、人材を確保するより遥かに効率がよいといえます。

人件費がかからずコスト削減につながる

外部に依頼するとコストがかかり過ぎる、と漠然とイメージを持っている企業も多いのですが実際は逆です。正社員を雇用する方が、毎月の人材コストがかさみます。

正社員を一人雇用するたびに、会社は健康保険や厚生年金などの社会保険料、雇用・労災保険などの労働保険料をそれぞれ負担することになります。さらに残業代など想定外のコストが加味されれば毎月の人材コストは相当なものになります。

しかしフリーランスや記事制作代行会社に依頼することにより、これらの人材コストは一切かからなくなります。常に成果物における必要経費だけを考慮すればよいのです。

SEOライティングを外部に依頼するデメリットとは

SEOライティングを外部に依頼することによりデメリットが発生することもあります。それが以下の項目です。

  • 依頼するライターによりライティングの巧拙に差が出る
  • 依頼するライティング内容をしっかり説明する必要がある

依頼するライターによりライティングの巧拙に差が出る

クラウドワークスやランサーズといった、フリーランスが集まるクラウドソーシングではありがちですが、依頼するライターによってライティングの巧拙(上手と下手)にかなりの差が出ます。

ライターを仕事にするべく、出発点としてまずクラウドソーシングに登録する人も多く、初心者ライターが多いことも特徴のひとつです。しかし初心者だからといって、あえて「初心者です」と名乗る人も少なく見極めは困難です。

あまりにも低単価で請負っている場合は品質が期待できない可能性もありますので、価格を一つの目安にするとよいでしょう。

依頼するライティング内容をしっかり説明する必要がある

依頼者側は記事内容の方向性や発信するターゲット像、メインとなるキーワードなど、どのような趣旨で記事をライティングしてもらいたいのか、内容をしっかりとライターに伝える必要があります。

納品された記事の内容や方向性が依頼者側の想定していたものとかけ離れていた、ということが往々にして起こります。この場合修正依頼するとなると最初からライティングし直しという可能性もあり、トラブルになることもあります。

客観的記事にするのか主観的記事にするのか、記事の方向性を明確にしてどのようなターゲットへ向け訴求するのか、メインキーワード、サブキーワード、共起語は何か、など細かくライターへ指示しましょう。

ライターに限らずフリーランスに仕事を依頼する傾向が高まっている

近年では多くの企業がコストを安く済ませられるフリーランスを積極的に活用する動きが出ており、6割以上の企業担当者が期待以上の仕事をしてくれたと満足感を示しています。

出典:FNNプライムオンライン 「フリーランス活用企業の6割が「満足」の一方で、9割が何らかの課題を感じていることが明らかに。」

もはや正社員を雇うよりも、必要な仕事をフリーランスに依頼した方がコスト面から見ても安上がりと考える企業が多く、フリーランスに対する需要が増加してきています。

企業も認めるフリーランスの能力の高さ

フリーランスに仕事を依頼する企業が増加している背景には、低コストであることもさることながら、各々の持っているスキルと専門性の高さが挙げられます。

企業のフリーランス活用の目的としてもっとも多い理由が「スキルのマッチ度」と「スキル・専門性の高さ」です。

出典:FNNプライムオンライン 「フリーランス活用企業の6割が「満足」の一方で、9割が何らかの課題を感じていることが明らかに。」

上図が示す通り、「スキルのマッチ度」が45.3%「スキル・専門性の高さ」35.5%の割合で企業担当者がフリーランスに高いスキルや専門性があることを認めています。続いてコミュニケーション能力の高さも選定するポイントとして指摘しているのです。

各々の持っている強みや特徴を見極めて、そのフリーランスを有効活用することにより、非常に高いメリットが得られます。

ライティングをフリーランスに依頼するメリット

SEOライティング記事を依頼するには、フリーランスに依頼するケースと記事制作代行会社に依頼するケースに分けられます。

多くの企業がまず記事制作代行会社に依頼することを考えますが、フリーランスに依頼する方がメリットが高くなる場合もあります。フリーランスにSEOライティングを依頼するメリットとしては以下が挙げられます。

  • 小さな案件も依頼可能      
  • 世間が休みでも仕事を進めてもらえる
  • 企業や記事制作代行会社に比べ案件着手から納品までが早い

小さな案件も依頼可能

企業や記事制作代行会社に記事のライティングを依頼する場合、単発や小口の案件を受けつけないことも多く、ある程度まとまったボリュームの案件を依頼する必要があります。そのため気軽に依頼ができずコストもかさみがちになります。

日々インバウンドマーケティングの作業を行っている現場では、企業に依頼するほどでもない小規模案件の作業に負われていることが多く、フリーランスに依頼するのが作業規模的に最適である場合も多いのです。このようなときにフリーランスという存在が非常に重宝されます。

世間が休みでも仕事を進めてもらえる

フリーランスには例外なく自己管理能力やスケジュール管理能力が求められます。そのため世間が休日であろうが、自分のペースに従って仕事をこなしている人が多くいます。

企業が休みの時にも着々と作業を進行してくれるのはとてもありがたいことです。連休前に依頼した仕事が連休明けには完了していることも多く、企業として無駄な時間を削減できることにもつながります。

企業に比べ案件着手から納品までが早い

フリーランスは身軽でとてもスピーディーに動くことができます。
企業に記事のライティングを依頼する場合、まずは相談しその後何度も打ち合わせを行い、しっかりとスケジュールを調整してから作業に着手します。
その間、土・日・祝日を含め数週間程度要することもあり、進行には時間と手間がかかります。

しかしフリーランスに依頼すれば、着手するまでにそのような時間と手間を必要とすることなく、条件さえ合致すれば即日着手してくれることもあります。

フリーランスにSEOライティングを依頼する際の注意点とは?

フリーランスライターにも「ピンからキリまで」があります。質の高いSEOライターを選定するための注意点やチェックポイントを解説いたします。

ライティングの品質をチェックしよう

ライティングの巧拙(上手と下手)は記事にストレートにあらわれます。

  • 冗長表現が多い
  • 文語と口語を使い分けていない
  • 主語と述語がねじれている
  • アウトラインが作成されていない

など
ある程度のライティング能力があるライターから見れば一目瞭然でわかる部分は多くあります。最低限これらのハードルをクリアしているライターに依頼するのが無難です。それを見極めるには実績を確認するのが最適です。

少なくとも企業からの請負実績があれば、フィードバックなどによりこれらのハードルは最低限クリアしているものと判断できます。

実績などの掲載が確認できない場合はWebサイトの投稿記事などからでも判断できます。
しかし個人ブログである場合は、通常ビジネスWebサイトではNGとされる主観的内容の記事を公開していたり、意図的に口語調でライティングしていたりすることもあるので、あまり参考にならない場合もあります。
不安であれば依頼をしないという選択をするのもひとつの手です。

SEOの知識はあるか

とりわけ企業がWebサイトに望んでいることは検索エンジンにおける上位表示です。そのため企業が求める記事としてはSEO対策がされているライティング記事であることが前提となります。

どのような分野の記事においても検索結果上位表示を達成するためには、SEOライティングは必要不可欠と言えます。そのためSEOの知識があるか否かも、フリーライターを選定する上で重要な要素となります。

依頼したい専門分野のライティングはできるか

フリーライターにも得意ジャンルと不得意ジャンルがあり、ライティングできる専門分野も各々異なります。そのため依頼しようとしているフリーライターに何ができるかを把握することは非常に重要です。

どれだけ優れた経歴や実績があったライターだとしても、依頼しようしている案件にライターの方向性がマッチしていなければライターは力を発揮できません。

SEOライティングの執筆料金として適正か

SEOライティングを依頼する際にもっとも気になるのが執筆料金です。相場料金を大きく超えた額でサービスを提供していないかしっかりチェックしましょう。

発注先比較サービス大手の「アイミツ」が調査した2022年版SEOライティングにおける費用の相場は、1記事あたり5000円から5万円程度となっています。
仮に1記事5000文字とすると1文字あたりの単価は1円から10円程度が相場になります。

出典:アイミツ SEO対策の平均費用と料金相場|早見表つき【2022保存版】

またクラウドソーシングでは1文字あたり1円以下という破格の安さでライティングを請負っているWebライターもたくさんいます。

しかしあまりに安い価格で請負っている場合初心者であることも多く、記事の品質を重視するのであればしっかり確認する必要があります。

SEOライティング依頼ならSEO Webライター佐藤におまかせ!

主にSEO Webライター佐藤は以下の分野のSEOライティングを得意としております。

  • SEO関連
  • FX(外国為替証拠金取引)・トレード関連
  • Webマーケティング・ビジネス関連
  • アフィリエイト関連

これらのSEOライティングの依頼をご希望であれば、以下のボタンより自動見積もりページへ移動していただき、自動見積もりフォームよりご入力のうえ、依頼をお願いいたします。

最新情報をチェックしよう!
>SEO記事の制作・ライティングを承ります!

SEO記事の制作・ライティングを承ります!

■SEO関連記事
■FX関連記事
■Webマーケティング関連記事
■アフィリエイト関連記事
1文字7円(税込)
※アウトライン(ページ構成)含む

■既存記事のリライト
1文字5円(税込)

CTR IMG